So-net無料ブログ作成
検索選択

「斉藤さん」 [アンおばさんの教育ミニコラム]

原作が漫画本だというテレビドラマ「斉藤さん(毎週水曜日、午後10時~日本テレビ)」を初回から見ています。
幼稚園に通う子どもを持つ斉藤さんは、相手が誰であっても、おかしいことはおかしい、間違っていることは間違っていると言えるお母さんです。

前回までの内容は、幼稚園に隣接する高校の生徒たちが、度々、園庭に物を投げ込んだり、落書きをしたり、園児たちにちょっかいを出すなどのいやがらせをしてきました。
そんな彼らに対して、斉藤さんは、毅然と注意をしてきました。

ところが、問題行動を起こす生徒のリーダの父親が市会議員であることや、注意をすると、かえって生徒たちをエスカレートさせて園児たちの身に危険が及ぶからという理由から、園長も園ママたちも、斉藤さんに「何もしないように」と迫ります。
見て見ぬふりをするように言うのです。
斉藤さんには、それが出来ません。
「悪いことをしたら謝る」のは、当たり前のことだと思っているからです。
また、子どもが悪いことをしたら、注意するのは大人の責任とも考えています。

昨夜の内容は、子どもたちの間でポータブルゲーム機が流行って、クラスで持っていないのは斉藤さんの子と、斉藤さんの考えに共感して、斉藤さんの友だちになった真野さんの子と、もう一人の子と、合わせて3人だけという設定からスタートしました。
「子どもの機嫌を取るのは簡単だし、楽だけど、私は買わない」と、斉藤さんは言いました。

若くて、まだ母親になって日も浅いというのに、斉藤さんのように信念をもって子育てが出来たとしたら、それはすばらしいことだと思います。
斉藤さんのようでありたいと思いながらその勇気も持てずに、かと言って、斉藤さんを目の敵にしている他の母親たちにも同調できずに、うじうじしてあれこれ悩む真野さんが、一般的な母親の姿なのではないかという気がしました。

それから、クラスの子どものゲーム機が盗まれて、斉藤さんの子が、盗んだ友だちをかばって、下駄箱にそっとゲーム機を置きました。
ここでも、園長や園ママたちは、ゲーム機は戻ってきたのだからそれでいいと、事をうやむやのうちに処理しようとします。
斉藤さんは反対します。
やはり、「悪いことをしたら、それを認めて謝る」ことは、子どもが大きかろうと、小さかろうと関係ないと言うのです。

私は斉藤さんの考えに賛成です。
自分の子どもが悪いことをして、それをなかったことにしてしまったら、子どもは何を判断基準にして生活していったらよいかわからなくなるでしょうし、どこかで親を信用できなくなると思うからです。
いいことと、悪いことの判断だけは、しっかりと伝えておきたいものです。

ところで、何が善で、何が悪なのかは、判断の分かれるところだと思います。
私は、自分の心と体を傷つけること、同じように他人の心と体を傷つけることも悪いことだと思っています。
ですから、「自分なんて、何をやってもだめだ」と思うことも、自分の心を傷つけていることになるので、できればしてほしくないと思っています。
みんなそれぞれに選ばれて生まれてきたのですから、生まれてきた時点でだめな人間なんて一人もいないと思うからです。



共通テーマ:育児