So-net無料ブログ作成

本日、29日退院しました [アンのこと]



今年の1月にした手足の骨折の手術の際に入れた金具を外すための再手術で、近くのN病院に1週間ほど入院していたのですが、今日退院して来ました。
前回の入院の時には、全く歩けず、左手も使えずの状態で、考えることと言ったらトイレのことばかり、夜中になると、いつ看護士さんに来てもらったらいいかで悩んだりして、気分も最悪でした。

あれから10か月、週に2回の通院リハビリと、自宅での毎日1時間の自主トレの成果か、手足ともに7割方は回復してきたように思います。
若くない分、元通りの体に戻るのは無理とのことで、どこかで妥協しなければならないと思ってはいるのですが、今回の再手術で抜糸がすみ、2~3週間経った頃にはもう少し良くなっているのではないかと期待もしています。

今回の入院生活は快適でした。
何が良かったのかというと、病院の食事です。アンは食べ物には好き嫌いがある方なのですが、味付けがいいので食べられてしまうことも度々でした。
今回は動けたのでそこまでは感じませんでしたが、前回は、食べた後に細胞が活性化していくのがわかるほどでした。
「食は生なり」と言いますが、食事って本当に大事なんだ、と心から思いました。
しかも上げ膳据え膳なのですから、言うことはありません。
本来なら時間がありすぎて退屈するのかもしれませんが、病院の窓から外の景色を眺めたり、少し色づいた葉っぱに気づいたり、ゆったりした時間を過ごすのも新鮮でした。

先生も看護士さんたちもみなやさしくて親切でした。

また、今日から気分をリフレッシュして、生徒とともに受験その他に向けて頑張りたいと思います。

それにしても、N病院のレシピ本がほしいです。
退院の時のアンケートにも書いてきましたが、いつか発行してもらえないかとひそかに願っています。



共通テーマ:学校