So-net無料ブログ作成

2017年  年頭所感 [ご挨拶]

あけましておめでとうございます。

2008年から書き始めた10年日記も、この1年間で終了する予定です。同じ日にちが10年分、同じページに書けるようになっているので、1年前の今日は、午前中、近くの北江古田公園と江古田の森公園(アンのお気に入りの公園で、時折、脳科学者の茂木健一郎さんのランニング姿も見かけます)に歩きに行ったと書いてありましたが、今日も今歩き終わって帰ってきたところです。

そして、10年前の2008年を見てみると、アンが初めて関わった都立チャレンジ高校の受験生の名が記してありました。それ以前にも友人の家庭教師の先生からの依頼で、高校受験や大学受験の科目指導はやっていたのですが、チャレンジ高校の受験生の指導がアンには一番合っていると思い、「不登校、学力不振のための家庭塾」を始めることにしたのです。

当時は、チャレンジ高校受験を謳っている塾は少なかったと記憶していますが、最近は個別指導塾や、それを専門にする塾も増えてきているようで、以前のようにお断りするほど生徒も来なくなっています。

そんな訳で、今年のチャレンジ高校の受験生は2人(うち1人は、本命はチャレンジ高校ではありません)なので、受験シーズンにもかかわらず、こと受験について言えば、アンはそれほど忙しくはありません。

けれど、昨年から、アンは英会話教室に通い始めて、その予習や復習に追われていたことと(ただ通っているだけでは身につかないと思ったので)、私立の中学生の英語の指導をするようになって、教え方を模索している過程で、様々なタイプの英語の参考書やら問題集をやるようになったことで、暇というわけではなくなっています。

昨年から、チャレンジ高校の生徒に大学受験のための英語を、基礎から遡って教えたいと思って、その告知もブログに書いたのですが、実際に、私立中学の生徒の指導を始めてみると、チャレンジ高校の英語のレベルより数段に高く、教材を見てそのレベルの高さに驚きました。よほど優秀な生徒でもない限り、授業についていくのは大変だと思いました。

家庭教師の先生によると、偏差値の高い中学ではレベルも高いし進み方も早いので、少なからぬ生徒がついていけずに(学校側はフォローをしてくれないので)、塾に行ったり、家庭教師に教わったりして成績をキープしているとのことでした。

さて、年頭の所感ですが、新聞に掲載されている本の広告の言葉に、「命には限りがあるけれど、学びは永遠」というようなことが書いてありました。
それを読んで、アンも、なかなか上達はしないけれど、それでも好きな英語の勉強をこれからもずっと続けていこうと、思いを新たにしました。

チャレンジ高校の受験生の指導はこれからも続けていきたいと思っていますが、基礎から英語をやり直したいと思っている、中学生、高校生とも一緒に勉強が出来ればと思っています。

今年も生徒と共に頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。



共通テーマ:学校