So-net無料ブログ作成

2017年チャレンジ高校の願書提出日によせて [受験]


昨日が都立高校の願書提出の2日目で、都立チャレンジ高校の応募倍率も昨日には東京都教育委員会のホームページに掲載されていました。2、3年前までは朝日新聞にも他の都立高校といっしょに掲載されていて、願書提出日の翌日には真っ先にそれを確認したものでした。けれど、今年も新聞されていなかったので、なぜそこに紙面を割けないのかと疑問に感じています。今はネットで簡単に検索できるので必要ないと思われているのかもしれませんが、活字で読むのが好きなアンにはちょっと不満です。(他紙に掲載されているかどうかはわかりませんが…)

2017年度の都立チャレンジ高校の倍率は

                  募集人員   男    女    計
六本木高校2.01倍(1.54倍)     140   126   155   281 

大江戸高校2.17倍(2.12倍)     140   165   139   304 

世田谷泉高校1.53倍(1.31倍)    170   126   134   260

稔ヶ丘高校1.68倍(1.49倍)     200   198   138   336

桐ヶ丘高校1.31倍(1.39倍)     140   90    93   183


中学校側の指導が年々、安全志向を強めているなかで、今年は昨年より倍率が下がると思っていたのですが、逆に倍率は上がっていて、中でも六本木高校が倍率を伸ばしていました。また、以前に比べると、男子の応募者数が増え、稔ヶ丘高校では女子をかなり上回っています。
不登校、学力不振の生徒のいずれの場合も、中学に入学してから勉強が全くわからなくなって、授業についていけなくなった生徒に対しては、中学の先生もチャレンジ高校の受験を勧めないケースもあるので、受かりそうな生徒だけが受験する可能性が高くなり、倍率が高くないチャレンジ高校でも楽に入れるというものでもないかもしれません。希望すればほぼ全員が合格できる通信制サポート高校との違いは明らかです。


アンの家庭塾からは、今年は一人、倍率の高いA高校を受験します。もう一人、10月から12月まで週に1度通って来た生徒がいたのですが、自分の好きなことが学べる私立の学校に合格し、チャレンジ高校には願書を提出するに至りませんでした。進路決定までは、家庭の事情もあり、ご両親もかなり悩まれたようですが、向かない勉強をするよりも、本人がやりたい道に進む方が本人のためになると判断されたようです。アンもそれで良かったのではないかと思っています。

ところで、今回に限らず、勉強に向かない生徒(勉強に対して苦手意識、または拒否反応が強い)というのは、これまでアンが関わった生徒の中でも、少なく見積もって3分の1程度はいたと思います。どうしたらチャレンジ高校に合格してもらえるか、指導に悩んだ生徒です。

先日、「受験に欠かせない力をきたえよう」――日本語力と身体感覚――という齋藤孝さんの公開講座が4月に都内であるという広告を目にしました。まだ話を聞いたわけではありませんが、その通りだと思います。
日本人なら、日本語は誰でもわかるというわけではないと生徒と接していて実感しています。
実際のところ、この日本語力が低いと、学校の授業もついていけないし、チャレンジ高校に合格するにも苦戦を強いられると思っています。
チャレンジ高校の受験をやめた生徒には、最初の1か月位は、志願申告書や作文の練習ではなく、出口汪さんの「日本語トレーニング」という教材を使って勉強しました。
まず、ここから始めないとチャレンジ高校に必要な作文を書く力も、かなり突っ込んで質問される面接にも対応できないと思ったからです。
けれど、日本語力のない生徒にこの力をつけるのは、相当な期間が必要です。
アンの家庭塾には、受験間近になって来る生徒が多いのですが、チャレンジ高校の受験を希望する生徒で、この力が足りないと思われる生徒には、出来るだけ早く通って来てほしいというのが、アンの正直な気持ちです。
また、日本語力がつけば、学校の授業もわかるようになると思いますが、そのためには生徒自身のやる気がどうしても必要なので、勉強が苦手な生徒にとっては楽ではないと思います。

最後になりますが、12月から通って来ている生徒は、勉強(特に数学と英語)には苦手意識をもっていて、家で勉強したことはほとんどないとのことでしたが、日本語力とやる気があるので、順調に進んでいます。(昨年は、この時期、毎晩のようにファックス指導もしていましたが、今年はその必要もなく、また受験生が1人なので余計にそう感じられるのかもしれません。)

それでも、倍率の高い高校だし、午前部と午後部しか希望していないので、その分だけ競争率は上がるので、残りの2週間、気を抜かずに生徒とともに頑張りたいと思っています。



共通テーマ:学校