So-net無料ブログ作成
検索選択
講演会・シンポジウム ブログトップ

人を殺す若者たち [講演会・シンポジウム]

NPO法人“日本子どもソーシャルワーク協会”主催のシンポジウムのお知らせが届きました。
タイトルは「人を殺す若者たち」で、秋葉原の通り魔事件を取り上げています。

秋葉原通り魔事件とは、今年の6月8日、東京秋葉原の歩行者天国に男が小型トラックで突っ込み5人をはねた後、通行人12人をナイフで次々と刺し、死者7人、負傷者10人を出した無差別殺傷事件のことです。
犯人は25歳の派遣社員の男で、殺人予告と凶行までのプロセスをネットの掲示板で実況し,社会に大きな衝撃を与えました。、

私がこの事件を新聞記事で読んだ時には、被害者とその家族の悲しみや無念さを思うと、犯人に対する怒りがこみあげてきましたが、一方で、これほどの凶悪事件を起こすに至った犯人の心の中は一体どうなっていたのだろうと思いました。

マスコミ報道によると、・家族はもちろんのこと、誰からも相手にされなかった、認められてなかった。・派遣労働者として、絶えず首を切られるのではないかという不安があった、ということでした。

日本子どもソーシャルワーク協会のシンポジウムでは、現代という時代の中でもがき苦しみながら生きている子どもや若者達について、一般に報道される内容とは異なった角度から、事件や現象について考えていきます。
そのため、子どもの不登校やひきこもり、さらには様々な問題行動にどう対応してよいのか悩んでいるお父さん、お母さんにとっても、何らかのヒントになる話が聞けるのではないかと思います。
私も今回は久しぶりに、出席したいと思っています。


NPO法人 日本子どもソーシャルワーク協会主催
シンポジウム
人を殺す若者たち
~秋葉原殺傷事件他から考える~

シンポジスト
芹沢 俊介氏(社会評論家)――「イノセンス(根源的受動性)」の表出、という観点から、子どもの暴力について全面肯定理論を模索する作業を、10年以上にわたって継続している。 

高岡 健氏(岐阜大学医学部助教授・児童精神科医)―― 一貫して不登校やひきこもりを擁護する立場から論陣を張る。

寺出 壽美子氏(ソーシャルワーカー・日本子どもソーシャルワーク協会理事長)――虐待、いじめ、不登校、ひきこもり、家庭内暴力、薬物、摂食障害など、多岐にわたる子どもとその親への面接相談や、支援に関わっている。

                        
                          
日時:20086年11月23日(日曜日)13:30~16:15(開場13:15)
会場:砧総合支所 2階(小田急線「成城学園前駅」より徒歩3分)
費用:1,500円(資料代)
定員:90名

問い合わせ先:03-5727-2133
ホームページ:http://www.jcsw.jp 

共通テーマ:育児

子どもを犯罪者にしないために [講演会・シンポジウム]

NPO 法人「日本子どもソーシャルワーク協会」のシンポジウムが下記の要領で開催されます。私はこの協会に足かけ3年間通って、子どもへの関わり方について学びました。それは今でも、生徒に向かうときの中核になっています。

今回のタイトルは「子どもを犯罪者にしないために」となっているので、自分の家庭や子どもには全く関係ないと思われるお父さんやお母さんも多いかのではないかと思います。
わが子を不登校やひきこもりにしたくて育てる親はいるはずがありませんし、まして犯罪者にしようと思って子育てをする親など1人もいないと思うからです。

けれど、親は自分でも気がつかないところで、子どもを傷つけ、追い詰めていることがあります。
「あなたなんか産まなければよかった」などの言葉を投げかけたり、競争社会の中でわが子にはどうしても勝ち組になってほしいと学校の成績や点数だけで子どもを評価したり、子どもの長所には目を向けずに悪い点ばかりを責め続けたり、いい子であることを要求し続けたりするなど等がこれに当たります。

実際に、私が関わった子どもたちの中にも、こういう親に育てられたら、犯罪者になるか、心の病気になるしかないと思われるケースがありました。
こういうケースでは、特に親が悪いというわけでもなく、自分も親に愛されて育っていなかったり、親から受け継いだ価値観にがんじがらめになっていたり、精神的な余裕がなかったり、孤独だったり、経済的に苦しかったりと、その背景にいろいろな原因が考えられます。

「子どもを犯罪者にしないために」のシンポジウムを自分には関係ないこととして切り捨てるのではなく、親としての自分を振り返るいいチャンスとして参加してみてはどうでしょうか。
 

                                   
                   
 テーマ:子どもを犯罪者にしないために       

~青森県八戸市母子殺害事件他から考える~ 
 シンポジスト:芹沢 俊介(社会評論家)
高岡 健(児童精神科医)        
寺出 壽美子(ソーシャルワーカー)


日時:2008年3月2日(日) 13:30~16:15(開場13:15)
場所:砧総合支所 2F
費用:1,500円(資料代)


シンポジウム内容
〇2007 年12 月2 日 鹿児島県鹿児島市。二男(アルバイト・26 才)が逮捕。父(無職・55 才)と母(54 才)の遺体を自宅裏 庭から発見。殺害もほのめかす。 〇2007 年12 月23 日栃木県那須町。孫(パート従業員・32 才・男性)が放火。祖父(83 才)を殺害。 〇2008 年1 月9 日青森県八戸市。長男(無職・18 才)が、母(店従業員・43 才)と弟(中学3 年・15 才)と妹(中学1 年・ 13 才)をナイフで殺害、放火して逮捕される。 〇2008 年1 月15 日 山梨県山梨市。火事で4 人死亡。長男(会社員・直前辞職・37 才)が、父(パート従業員・73 才)と 母(65 才)と弟(無職・34 才)を殺害して、放火か・・・。 〇2008 年1 月16 日 神奈川県相模原市。母(無職・57 才)が、長男(29 才)を包丁で切りつけ、二男(24 才)の首をネクタイ で絞め殺害。長男の引きこもりや二男の知的障がいを悲観してやったと供述。 〇2008 年1 月27 日 千葉県野田市。父(会社員・63 才)が長女(無職・34 才)の首を絞め、自らは首をつって自殺。長女は 交通事故で寝たきり。帰宅した母(61 才)が発見。 〇2008 年1 月28 日 宮城県仙台市。父(会社経営・53 才)が、妻(45 才)を刃物とネクタイで、二女(中学3 年・14 才)は刃 物で殺害。父は調整池の中でウツブセで発見。意識戻る。長女(22 才)と長男(21 才)はけがをするも、 避難。 〇2008 年2 月10 日 神奈川県横浜市。母(無職・53 才)が、娘(美容師見習い・21 才)を絞殺。自らは居間のはりで首をつって、自殺。 〇2008 年2 月11 日 東京都足立区。夫(機械修理・販売業・52 才)が、母(85 才)と妻(49 才)と二男(高校1 年・15 才)の 頭にナタを振り下ろし、母と妻を殺害。二男は重傷。父は刃物で自殺。長男(高校3 年・18 才)は外出 中で無事。

気づいただけでも、この2 ヶ月半に、これだけの家族殺害事件が報道されています。短期間にこれだけ起きていたのかと驚かれたかもしれませんが、恐らくこの中で記憶にあるのは、八戸市の18 才の少年の母子殺害事件と直近の足立区の事件ではないでしょうか。

足立区の事件は、数日前に起きたばかりの事件であることと、二男の両手首切断という報
道により、また、八戸市の事件が記憶に強く残っているのは、何といっても新聞・テレビでの報道の回数が群を抜いて多かったことと、母親の腹部に人形が入れられていたことの二つでしょう。

八戸市の事件に限らず、少年事件の報道は繰り返し報道されることと、少年の凶悪さ残虐さをクローズアップすることに特色があります。けれども、報道内容に惑わされずに、それらの背景を掘り下げていくことが出発点ではないでしょうか。

八戸市の少年は、小学校の頃から、不登校だったと聞いています。シンポジウムでは、彼の生い立ちや母子関係・父子関係、そして不登校・ひきこもりへの理解を通して、事件の本質に迫ることができればと願っています。


===*===*===*===*===*===*===*===*===
特定非営利活動法人
日本子どもソーシャルワーク協会
157-0066 東京都世田谷区成城2-29-12
Tel.03-5727-2133 Fax.03-3416-6994
http://www.jcsw.jp kodomo-sw@jcsw.jp
             ↑アドレスが変わりました!!
===*===*===*===*===*===*===*===*===




共通テーマ:学校
講演会・シンポジウム ブログトップ