So-net無料ブログ作成
学力不振 ブログトップ

望んでいた指導 [学力不振]

かなり日にちが経ってしまいましたが、この3月末で指導が終了し、東京から地方の高校に進学したC君のことも、チャレンンジ高校の受験生と同様書いておきたいと思います。C君は昨年の夏休みの集中特訓から始まって、この3月末まで通って来ていました。
チャレンンジ高校志望の受験生ではなかったのですが、国語力をつけてほしいとの保護者の希望で、アンは作文だけを指導しました。

一般の高校を受験するのであれば、この時期であれば、作文などはやらずに数、国、英などの受験科目に力を注ぐのが普通の考え方だと思っていたアンにとって、保護者であるお父さんの考え方は新鮮に感じられました。
お父さんは、国語力をつけることこそが、現在、および将来のC君の力になると思っていたようです。
学力不振の中学生の教科指導をしていて、科目をやるよりも読解力をつけたり、作文で書く力をつけておいた方が、将来的には生徒のためになると常々感じていたアンにとっては、お父さんの要望は望んでいた指導でもありました。
目先のことではなく、将来を見据えてわが子に力をつけたいと考える保護者がいるとわかったことが、アンの励みにもなったのです。

作文の具体的な内容については、C君のお父さんは、「自分自身を深く知るため、自分の短所を見つめて、どう克服していったらよいか、これから先の人間関係の構築をどう築き上げていくか、そういう観点を踏まえた作文指導」と具体的に提示もされていました。
C君のお父さんとは何度かメールのやり取りをしましたが、本質をよく理解した立派なお父さんだと思いました。
C君もそんなお父さんのことを尊敬していて、しばしば「お父さんはすごい人」と言っていました。

当のC君は、田舎が好きで、山村留学を経験しているせいもあってか、自然界のことをはじめとして知識も豊富で、本も驚くほどたくさん読んでいる、話好きな生徒でした。
授業は通常、C君の「先生、知っていますか?」で始まり、アンが知らないと答えると、C君は得々としてそれを解説してくれました。
自分の意見はきちんともっているし、筋道を立てて話すことも出来るし、理解力もあるほうだと思いました。
また、男の子には珍しく自分の内面を的確に表現することが出来き、人間観察力も優れていたので、会話のキャッチボールもスムースに出来ました。

「どんな場所でも生きていく力を持った子」とは、わが子を評してのお父さんの言葉で、アンもそう思っていましたが、残念なことに、C君の持っているいろいろな能力が学校で評価されることはありませんでした。

C君に限らず、考える力はあっても、暗記することが極端に苦手な生徒は、今の学校教育の中では必然的に落ちこぼれていくので、特に、がちがちのステレオタイプの先生からは排除されがちです。
C君はそのことを「ゴミのように扱われる」と言っていましたが、同じようなケースを、アンはこれまでに何人も見てきました。

作文はC君がこれまで読んだ本の要約から始まり、志望する高校に提出する「自分の長所と短所」の作文、そして最後には論文形式のものをやりました。
以下に、C君が書いた作文も載せたいと思います。
題材を“福沢諭吉”の「学問のすすめ」にしたのは、C君が「今みたいに、勉強、勉強の世の中になったのは「福沢諭吉のせい」と言ったからです。
書く前に、C君とは議論を重ねて、いい意見やおもしろい意見も沢山出たのですが、書く段になると収拾がつかなくなって、まとめきれなくなってしまいました。それでも、アンの意見は全く入れずに、C君が自分一人で考え、ここまで頑張って書いたことは評価出来ると思います。

ーーーーー------------------ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福沢諭吉は「学問のすすめ」で「身分ではなく学問で自由競争する時代だ。勉強さえすれば偉くなれる時代なんだ」と言っていた。当時は人口が少なく、勉強すれば偉くなれる時代だった。しかし、現在では人口が増え、勉強しても偉くなれる時代ではなくなっている。それと同じく、昔は、働く人が多かった第一次産業が、現在では会社に行けば給料がもらえる比較的楽な仕事に行ってしまう傾向にあり、きつい仕事をする第一次産業に就く人は減ってしまった。その結果、国産品は値段が高くて、外国の大量生産している安い品物が出回り、外国の物ばかりが買われてしまうようになった。そして、農業人口は増々少なくなっていった。勉強しても偉くなれなかった人は、フリータやパーㇳでお金を稼ぐようになっていった。それさえも出来なかった人はニートやホームレスになっていってしまう社会になってしまったと思う。こういう社会はあまりよくないと思う。

しかし、福沢諭吉論にもいいところはある。それは、勉強をする人が多くなると、いろいろな部門が発展し、経済も発展する。その結果、国が豊かになる。国が豊かになると、科学技術や医学が進歩することになる。他にもいいところがあり、正しいともいえる。

でもやはり、僕的には福沢諭吉論は望ましいとは思わない。競争ばかりやって便利さや機能性ばかりを追求して、安全性がおろそかになる部門もある。また、自分のことだけを考える人が増えていき、地域の助け合いや係わり合いも減っていく。人の大切さもわからなくなり、親を大切に思う気持ちも減っていく。それと同じく、物の大切さもわからなくなる。 
特に言いたいのは、学校という場がおかしくなっていると思う。僕が小学校に入学する時、担任の先生が、「学校は勉強と友達を作る場所だよ」と言っていたのに、最近は「学校は勉強するところだよ」に変わっていってしまった。友達という言葉が消えてしまった。友達の大切さがわからなくなっているので、友達を大切にする社会に戻ってほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後の1か月間は作文をやりながら漢字の練習もしました。覚えることが苦手なC君が最も苦手なものは、漢字と英単語でした。
C君の短所である、嫌いなことや、苦手なことに対して我慢する力が欠けているところを、漢字を面倒くさがらずに練習していくことで、我慢する力を少しでもつけたいと思ったからです。けれど、それはC君にとって苦痛以外の何物でもなかったようです。やり始めたばかりですぐに根を上げてしまうC君でしたが、それは認めずにやり続けました。もう少し早くやり始めるべきだったという反省点も残っていますが…

進学した地方の高校で、C君が思う存分に能力を発揮し、それが認められることを願っています。

共通テーマ:学校

深刻な学力不振の指導法とその限界 [学力不振]

一口に学力不振といっても数学だけ極端に点数が悪いとか、英語は全くちんぷんかんぷんで訳が分からないといったものから、全科目出来なくて5教科の合計点が100点にも満たない、さらには学力不振の背後に軽度発達障害がある、などさまざまなタイプがあると思います。
いずれのタイプに属するにしても、考える力、質問する力、意識する脳を持っている生徒は、深刻な学力不振とは考えなくてもいいのではないかと思っています。単に暗記する力や記憶する力が弱いだけのことだと思うからです。
ところが、今の学校教育では、以前よりは考える力をつけたり、記述の問題が増えているとはいえ、やはり知識偏重で暗記が強い生徒がテストで好成績を収めることになります。この結果、テストで点が取れない生徒は、だめな生徒として担任やその他の先生から見られるようになり、この傾向は中学で顕著になり、学年が進むほどその度合いを増していくのが一般的な傾向です。

アンの塾に来る生徒はやさしくて、性格のいい子が多いのですが、その部分は学校では認めてもらえません。(稀なケースとして、それを認めてくれる先生もいますが、それはそれでちょっと問題です)
学力不振ではあるけれど、性格はいい生徒が心ない先生の言葉によって傷つけられ、自己を否定するようになって、やる気まで失くしていくのを、これまでに何人も見ています。最悪のパターンは、学校で先生に馬鹿にされ(先生が馬鹿にすると、生徒もその子を馬鹿にするようになります)、家に帰っても怒られてばかりの生徒です。
このように否定され続けていると、勉強はさらに出来なくなります。
もともと勉強が苦手なのに、それを非難されてばかりではやる気など湧いてくるはずがないからです。

ではどうするかですが、ここでは5科目のテストの合計が100点未満の生徒に限って述べてみたいと思います。
アン独自の考え方になるかもしれませんが、学校のカリキュラムに合わせないで「ゆっくりと、丁寧に繰り返し繰り返しやること」しかないと考えています。
5教科なら5教科を万遍なくやるのではなく、1教科でもいいから少しずつやって、確実に出来ることや理解したことを積み重ねていくことだと思います。
この方法はアンが考え出したものではなく、生徒が教えてくれたことです。
この指導方法の基本は暗記ではなく、生徒に考えてもらうこと、理解してもらうこと、また押しつけられての勉強ではなく、自発的に勉強する気になってもらうことです。さらに欲張っていうと、自分が今、何の勉強をしているのか、何がわかっていて、何がわからないのかを自覚してもらうことも大切です。

難点は時間がかかることです。短期間で学力の向上は望めません。1年以上は確実にかかります。けれど、5科目の合計が100点に満たない生徒の場合はカリキュラムに合わせて、万遍なくやっていたのでは身につくものは結局は何もないというのが、アンが辿り着いた結論です。

この方法でやっていくと、一けた台であった生徒の点数が40点から50点近くまでは取れるようになっていきます。
それ以上の点数は、もう指導する側の問題ではなくて、生徒の側の問題になってきます。
それがつまり、教える側の限界ということになります。
限界の第一はやる気の欠如の問題(面倒くさがりで、宿題を出しても効果がありません)ですが、その他に精神年齢の問題、意識しない脳の問題があると思っています。
知的能力と精神年齢の相関関係はわかりませんが、精神年齢が幼いほど忘れやすいと思いますし、長時間、机に向かっていても意識しない脳(脳が眠っている状態)では勉強していても頭に入っていきません。
逆に、見せかけのやる気ではなく本物のやる気さえあれば、背後に発達障害が隠れているにしても、かなりのことがクリア出来ると思っています。

チャレンジ高校を受験する生徒は不登校と学力不振の生徒が大部分ですが、受験に必要な作文と面接いうことに限ってみれば不登校の生徒の指導の方がスムースに進みます。
やる気(精神面で問題があってエネルギーが減退していることはありますが、もともとはやる気のある生徒が多いです)はあるし、精神年齢も幼すぎるということはないし、意識する脳も持っているからです。

アンが悩むのは、学力不振の指導の限界を感じた時です。アンを悩ませる生徒を指導する場合は、かなりの忍耐力も求められます。(アンの場合は、一般の先生が怒るレベルでは腹も立たないと思ってはいるのですが…)
けれど、悩んだからといって解決できる問題ではないので、生徒が自ら成長して気づいてくれるのを気長に待って、今やるべきこと、目の前の一つ一つをやっていくしかないと、悩む度ごとに思い直すようにしています。



共通テーマ:学校

学力不振(=基礎学力不足)の目安 [学力不振]

「学力不振」の生徒、つまり「基礎学力」が不足しているということなのですが、私が考える「基礎学力不足」の生徒の目安をごく簡単に書いてみます。
これがクリアされていないと、中学受験、高校受験、大学受験のいずれにおいても合格を勝ち取ることが難しくなります。
そうならないためには、出来るだけ早い時期に、生徒本人、または親が「基礎学力」についてチェックし、それを克服することが大切だと思います。

【国語】
(国語の教科書を読む場合に限定します。)
①国語の教科書をたどたどしく読んでいないか。
②すらすら読んでいても、文の内容は気にしないで機械的に読んでいないか。
③文を読むことを面倒臭がり、粗い読み方をしていないか。
④変な区切り方をして読んでいないか。
⑤読めない漢字が多すぎないか。
⑥当然知っていると思われる語句を、変に読み違えしていないか。
⑦文の主語と述語がわかるか。

①から⑦までで、一番避けてほしいのは③です。文の中身(何が書かれているか)は全く考えずに、面倒臭がって、ただ読んでいるだけでは「国語力」はアップしないからです。ていねいに読むことが基本です。
文を読むことを面倒臭がる理由はいろいろあると思いますが、「読んでもおもしろくない」からだと思います。なぜ、おもしろくないかと言えば、わからないからです。
けれど、「国語」は読み方や解き方さえわかるようになれば、誰にとっても楽しい科目です。
「家庭塾」では、「国語の解き方がはじめてわかった」と、生徒がやる気になる指導を最優先課題にしています。

【算数】
(小学生の計算に限定してあります)
①10までの数字を十分に理解しているか。(10までの足し算は出来ても、6に何を足したら10になるか。3に何を足したら10になるかなど、足して10になる数が即座に言えない場合は重症です)
②かけ算は完璧か。(九九は言えても、4×6、3×8、8×7、6×8といったようにばらばらに質問した場合にすぐ言えるか。特に5以上のかけ算になると弱いのが「基礎力不足の生徒」の特徴です)
③約分ができるか。通分ができるか。
④2分の1という分数が、1÷2か、2÷1かわからなくなっていないか。
⑤分数の計算がかけ算、割り算も含めできるか。
⑥小数がわかっているか。(0.001の10倍、100倍、1000倍はいくつになるかなど)
⑦39.7÷100のような計算がすぐにできるか。
⑧小数と分数の関係がわかっているか。(0.01は分数に直すとどうなるかなど)

「基礎学力不足」の目安はまだまだありますが、これは最低ラインです。また。①から⑧までが出来たにしても、所定時間の2倍、3倍の時間がかかるようなら、繰り返し練習することが求められます。

【英語】

①該当する学年の教科書を読むことができるか。
②Be動詞と一般動詞の区別がわかるか。
③IとYou以外の代名詞がわかるか。(私とあなた以外に、Sという男の人がいた場合、SはSと書いてもいいし、heでもいいわけなのですが、これがピンとこない生徒がいます。また、theyは人にもモノにも使えるということが抜けている場合もあります)
④主語と動詞、主語を修飾している言葉、主語以外の名詞を修飾している言葉、動詞を説明している言葉などがそれぞれ見分けられるか。

文法的にはまだまだ目安となる項目はたくさんありますが、②だけはマスターしておいてほしい項目です。④については、英語の5文型がわかるかにも関連してくることなのですが、「基礎力不足」の目安としては、主語と動詞が見分けられるかがポイントになると思います。

「家庭塾」では国語の読解と作文を中心にして国語力をつけることに重点を置いていますが、ご要望によっては算数や数学、英語の指導もしています。ただし、あれもこれもということになると、効果も期待できなくなるので、まず1科目から始めることをオススメします。



共通テーマ:学校

「学力不振の生徒」の今の実力 [学力不振]

子どもが小学生の間はまだしも、中学生になって、特に数学や英語で学力不振に陥っていると、親は「もっと勉強しなさい」とか「やれば出来るのに何故やらないの」とか言って、子どもを責めるようになると思います。

さらに、塾に通っているのであれば、「塾に通っているのに、一体何を教わってきているのか」と思ったり、塾に文句を言うケースもあるかと思います。
月謝を払っている親にしてみれば当然のことでしょう。

けれど私は、学力不振の生徒は集団指導の中では学力を向上させることは無理ではないかと思っています。
生徒一人ひとりに合わせた、手取り足取りの個別指導が必要なのです。

では、生徒の成績をアップさせるにはどうしたらいいのでしょうか。
個別指導で学力不振の生徒(出来る生徒についてもですが)と関わってきた私の経験からいえば、出された宿題をきちんとやる以外に方法はないと思います。
個別指導の教室に通うにしても、家庭教師を頼むにしても、一科目につき週に1回1時間半~2時間の指導というのが一般的ですが、週に一度、その生徒に合った指導を受けたからといって、それだけで成績が上がるなどということはありえません(そう宣言している塾があるとしたら、ホントかなと、疑ってみるほうが賢明でしょう)。

指導時間の不足をカバーするのが、宿題とFAX指導です。
宿題をきちんとやり、さらに教師から送られてくるFAXの問題についても、その度ごとに必ず送り返していたら、成績は確実にアップします。

ところが、学力不振の生徒にとってはこれが大変なことなのです。
出された宿題についても、量が多ければそれだけで気が重くなってしまうし、やり始めてもわからない点が出てくると、すぐやる気をなくしてあきらめてしまいます。
わからないところがあったら、電話やFAXでいつでも質問してきていいからと伝えておいても、どう質問してきていいかわからないし、それ以前に面倒だと思ってしまうのです。

自分の子どもが学力不振であった場合、宿題がどれだけできるかがその子の今の実力だと思ってください。
これは宿題の量や質の問題ばかりでなく、精神力も入ります。
個別指導で手取り足取りでやってもらっている間は出来るし、わかったような気もするのですが、自宅で一人でやらなければならない宿題は、わからないところが出てきたら、まずは自分で考えなければならないし、暗記にしても問題を解くにしても、すぐに投げ出したりしない精神力が必要になります(それは出来ない自分と向き合わなければならない、孤独で苦しい時間でもあるわけです)。

わが子が宿題がどれだけできているか、出来ていなくてもそれが精神力も含めた、今、現在のその子どもの実力なのだということを、親が認識することも大切なことだと思います。
また、そこから出発していただきたいと、教える側としては思っています。



共通テーマ:学校

学力不振と国語 [学力不振]

ブログのタイトルにもなっているのに、これまで「学力不振」については触れてきませんでした。

私が考える「学力不振」とは、高校受験が迫ってきているのに、「このままの学力では入れる高校がない」と先生から宣告されてしまうような生徒のことを指しています。
こういう場合は、小学校の高学年の段階で学校の授業がチンプンカンプンな状態であったことが想像できるので、受験を意識してから塾に通っても学力がアップすることも、成績が伸びることも期待できません。

また、高校受験ではなくて、中学受験を考えている場合であっても、進学塾の勉強には到底ついていけず、「10教えられても1か2くらいしか頭に入っていかない」という場合も、「学力不振」に含まれると思います。

どちらの場合であっても、親が子どもの「学力不振」に気づくことが大切だと思います。それを認めることは親にとって気持ちのよいものではありませんが、気になりながらも手を打たないでいると、子どもの将来に暗い影を落とすことにもなりかねません。
親が「勉強しろ、勉強しろ」と、うるさく注意をしても解決はしないでしょう。
子どもは、自分がどうして出来ないのか、どこがわからないのか、何をどうやって勉強していいのかさえわからないのですから。

学力不振というと「頭が悪い」というようにマイナスに捉えがちですが、そうではなくて、「学力不振の状態に陥っている」だけだと思います。私が接した生徒を見るかぎりでは、「こだわりの強い子」が多いように思いました。勉強をしたくない気持ちが強ければ頭にも入っていかないし、一つわからない点があるとそこにこだわって先に進めないといった例があります。

私の息子もそうでした。中学3年の時には、私が9科目全部を教えていて大変な苦労をしましたが、大きな反省点が残りました。
それは学校の成績を上げようとして、目先の勉強ばかりをしていたことです。
結果的には成績も上がって、中学を卒業する時にはその努力に対して、学年で2人だけもらえる「賞状」まで受け取りましたが、思考力や論理力、表現力などの「国語力」はつかないまま、勉強嫌いも直りませんでした。

当時の私は、すべての教科の土台が「国語力」にあることに気づいていなかったからです。国語はやってもやらなくても成績は変わらないと思っていたし、国語の教科書をよく読めば国語はできると思っていたからです。

けれど、今になって考えてみればそれは間違いだったと確信をもって言えます。さらに、中学生に数学や英語を教えた経験から言っても、「国語力」がない生徒は、数学の文章題の意味がわからないので問題を解くことができないし、英語もある程度はできるようになってもその先でつまずくことになります。
算数ができない、英語ができないというのも心配だとは思いますが、「学力不振」の生徒に一番必要なのは、手を差し伸べて辛抱強く付き合ってくれる先生の存在と、「国語力」をつけることだと思います。

本を読むことが嫌い、文章を読むのが苦手ということで、国語はできないと思っている子どもたちもいると思います。中学受験でも国語はだめ、という生徒が多いのも事実です。

けれど、日本人であるかぎり、国語はそれなりの方法でやれば必ずできるようになります。ほとんどの子どもたちが携帯でメールを打っているのですから、「国語力」を身につけることは、その延長線上に考えればいいことなのです。

コミュニケーションの道具としても大切な国語は、やってみればとても楽しい科目です。
また、不登校の子どもにとっては、会話をしながら進めていく国語は心が解放される科目でもあります。

以上、書いてきたことから、今後は「不登校、学力不振のための家庭塾」の一番の柱を「国語力をつけること」にしたいと思います。



共通テーマ:学校
学力不振 ブログトップ